金属接合方法とは

金属接合とは

金属接合とは金属の部品同士をつなぎあわせて所定の形状を作ることを意味します。
その方法はネジで固定し後からでも分解できるものから、溶接のように後から分解できなくなるものまで様々な方法があります。

強度などを重視する部品でなければ後からメンテナンスなどがしやすいように必要箇所を分解できる構造にするのが一般的です。

金属部品同士を組立てるうえで数多くの接合方法が用いられますが、接合の一番の特徴は異種材料の部品でも一体にできることです。

組み合わせ次第で世の中にないものを作り出すことができます。

金属接合の分類

金属接合の方法は大きく分けると次の3つに分類されます。

  • 機械的接合・・・ねじ固定、圧入、焼き嵌め(焼きばめ)、かしめ
  • 材料的接合・・・アーク溶接、ガス溶接、抵抗溶接、レーザー溶接
            フラッシュバット溶接、スポット溶接、摩擦圧接、ろう付け
  • 化学的接合・・・接着
〇関連記事リンク〇
この企業に関するお問い合わせ TEL 082-942-1516